>
>
配管洗浄

株式会社 東洋エンタープライズ
本社
〒615-0013
京都市右京区西院松井町6
TEL:075-321-8484
FAX:075-321-7795

北陸営業所
〒922-0811
加賀市大聖寺南町チ81-3
(東洋ビル1F)
TEL:0761-72-4851
FAX:0761-72-4861

名古屋営業所
〒456-0003
名古屋市熱田区波寄町22-23
(グランドメゾン金山1E)
TEL:052-871-9321
FAX:052-872-6864

流体供給装置 特許取得
(特許番号 第4399651号)
 

 

メンテナンス

薬品配管洗浄

免疫力の低い高齢者等が感染し、死に至る場合のあるレジオネラ症を防止しようと考えた時に残留塩素濃度管理や濾過材交換、機器類のメンテナンスだけでは余程万全を期さない限り不安に思われるのではないかと思います。そこで弊社では通常のメンテナンスの提案に加え過酸化水素等の殺菌力が強く循環配管内や濾過機内に付着している※バイオフィルム(生物膜)を効果的に剥離させられる薬品を現場状況に合わせて選択し洗浄を行う事をお勧めいたします。

※バイオフィルムとは細菌やレジオネラ属菌が寄生するアメーバ等が増殖して、それらの排泄する粘性スライム(混合物)で形成された微生物の集合体の事

 

配管洗浄手順

          1.浴槽に循環可能な水位まで水張り
          2.浴槽へ薬品(洗浄剤)を必要量投入 
          3.1~2時間程度、汚れの剥離状況を確認しながら循環
          4.浴槽へ洗浄剤成分の分解中和剤を必要量投入
          5.1時間程度循環し分解中和 
          6.専用の試験紙にて分解中和できている事を確認して排水
          7.浴槽を清掃し水張り、循環を行い汚れと薬品成分を残さないように洗浄
          8.2~3回7.の作業を繰り返した後に通常運転を行い問題がない事を確認、完了


長期間配管洗浄を行われていない場合は、配管洗浄時において、濾過材の目詰まりを起こす事がある為、対策が必要です。(バイパス配管を組む等)

通常時
 
洗浄状況

※作業時間は、5~6時間は必要となります。
※作業は大変面倒です。弊社では安全、確実に作業を行いますのでお任せ下さい。
※配管洗浄後も残留塩素濃度と機器の管理(濾過機の逆洗等)は必ず行ってください!

お見積もりには下記条件が必要です。
◆現場名及び住所 ◆浴槽容量 ◆吸込金物の位置 ◆濾過機の大きさ ◆浴槽~濾過機までの距離 ◆循環システム(オーバーフロー回収槽の有無等) ◆作業可能日時(休日や夜間指定の有無等)

 

 ➣レジオネラ菌でお困りの方はこちら